小太り釣行記

釣り絡みのことをブログにしてます。時々料理。自分用の記録代わりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

土用丑の日 鰻丼自作@思い出

毎日毎日暑いですね
今日は土用丑の日ということで我が家も例に漏れず鰻をいただきました
真空パックの鰻ですが、十分おいしくいただけました(●´ω`●)


今年は稚魚がとれないとかで鰻価格が高騰しているようですが、三島の桜家でまた腹一杯鰻丼食べたいです



5,000円位だったような記憶がありますが、ご飯の中にもウナギが更に2枚くらい埋め込んである超豪華鰻丼です




ふと思い出したのですが、三年位前に鰻丼自作したのでアップしてみたいと思います
桜屋の鰻丼と比べられもしないお恥ずかしい限りですが(^_^;)

古いガラケーのカメラで撮ったので写りは悪いのですが、ご容赦くださいm(_ _)m



では鰻丼を作りましょう
まず、生きたウナギを用意します
今回は多摩川で釣ってきたものです
ウナギってどこの川でもいるみたいなので夜にミミズぶっこんでおけば釣れると思います

水道水(カルキ抜き不要、エアー要)で一週間位飼って臭み抜きをして準備完了




氷で弱らせます




釘とカッターで捌きます
素人でもなんとかなるものです





肝は肝吸いにします
多摩川のウナギの肝なんて食って大丈夫なのか?という疑問は胸にしまいます






炭を起こします
ガスで焼こうものなら金三が鰻裂きブンブン振り回して暴れます




頭と中骨は焼いてタレに加えます








さぁ、下準備整いましたので鰻に串を刺しましょう
大丈夫、修行してなくても何とかなります







炭火で焼きます




関東式なのできちんと蒸し上げます
妥協はしません (`・ω・´)キリッ





この後はタレをつけながら焼いていきます





この黄色い色が天然の証しですね



盛り付けて完成!



うなぎちっさ(笑)



味はきちんと鰻でしたが、いかんせん焼いたら身がちっさくてちっさくて(^_^;)
でも釣りから鰻丼の自作まで楽しくて大満足した思い出でした




スポンサーサイト
  1. 2012/07/27(金) 22:41:54|
  2. うな丼 自作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。