小太り釣行記

釣り絡みのことをブログにしてます。時々料理。自分用の記録代わりです。

鮎ラーメン@自作ラーメン

サーモマジック在庫処分企画、鮎のラーメンを作ります

ベースはラーメン発見伝の芹沢さんが作った薄口らあめん極という奴ですね

~知らない人のために~

ラーメン発見伝の芹沢さんについて解説しますと、美味しんぼでいう海原雄山の役割です。
自分の理想のラーメン(鮎で作った薄口らあめん)が一般受けせず、お店を潰しかけます。
お店の中で若造三人組に二郎の方がうめえよとバカにされ、やけくそになって油たっぷり濃口らあめんを出したら一躍繁盛店の仲間入り。
ラーメンを食べる側がレベルアップした今、理想のラーメン『薄口らあめん極』で主人公 山岡士郎(藤本)と勝負します。
一般人審査では藤本の完勝ですが、ここまでは読み通り味のわかる審査員達は俺を選ぶはず…が5ー0で完敗するかわいそうな人です。
結局、一般受けしない薄口らあめんってただの自己満足なんじゃないの?と切なくなります。



芹沢さんのラーメンから多分にオリジナル要素を追加しています

使う材料はこんな感じで万江川の天然鮎と鶏ガラ
酒と塩を振ってオーブンへ



鮎は熊本の清流 万江川で投網を使って親父が捕ってきたものです
毎年鮎とうるかはたくさん送ってくれるので我が家ではサーモマジックに常備されています



オーブンで焼いている間にタレをつくります
酒とみりんを煮切って…







親父作 鮎の苦うるかを投入


※豆板醤ではありません





煮込んでエキスを抽出したら濾しましょう







薄口醤油と塩を足して鮎かえしの完成






そうこうしている内に鮎と鶏ガラが焼けました





天板に残った鶏油や汁ごと寸胴へ





弱火でコトコト3時間






8時間経過でスープの完成
乾物なども足さずに焼き鮎と鶏ガラだけです
仕上がったので漉しておきます







この鮎食べても何の味もしませんでした
全部スープに旨味がでてしまったようです


~ここから仕上げ\(^o^)/~

鮎を塩焼きにします





2日間熟成させたオーションで打った麺





麺を茹でて…






完成です\(^o^)/






芹沢さんがダメ出しされた鶏油をたっぷり30ccは浮かべてあります(・∀・)
化調ありとなしで作りましたが、無しでも十分うまかったです
うるか入りの薄口醤油ダレもコクと少しの苦味がおいしいです

だからといってバカ旨サイコー\(^o^)/って程の旨さはなかったですけどね(^_^;)
残ったスープどうしようっかなぁ…
炊き込み御飯でも作ろうかしら?




スポンサーサイト
  1. 2012/09/23(日) 09:48:21|
  2. 魚のラーメン 自作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サヨウナラ押し出し式製麺機 | ホーム | 製麺機の丸洗い@日光號>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shiibasama.blog64.fc2.com/tb.php/302-f21e7540
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)