小太り釣行記

釣り絡みのことをブログにしてます。時々料理。自分用の記録代わりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いくら醤油漬けの作り方 レシピ


まず大量の生いくらか生筋子を購入します。
スーパーで半額になっているとベストです。
ちなみに11月にもなると段々皮が固くなります。
おいしくないので見つけたら早めに仕込んでください。

生筋子の場合は手を浸けられるけど火傷はしない熱めの塩水でほぐすと簡単にほぐれます。
いくらは熱湯でないと火は通らないのですが周りの膜には火が通って縮むためです。

ほぐした生いくらはボウルにあげます。

今回は700gでした。


次にダシ醤油に漬け込みます。
だし汁1:めんつゆ1(三倍希釈):醤油0.3
くらいの割りで好みの味です。
めんつゆだけだと甘味が強いので醤油を入れると自分的好みです。
酒くさいのは苦手なので酒を入れるときはだし汁に入れてアルコールを飛ばしてます。
目安はざるうどんを食べる漬け汁を濃いめにしたくらいです。

後はいくらがひたひたになる程度ダシ醤油を注ぎ込んで半日置けば完成です。
冷蔵庫を開けたときにダシ醤油を吸い込んでルビー色に輝いていたら出来上がりです。
味が薄ければ醤油を足して、濃ければザルでダシ醤油をきると良いでしょう。

冷凍すれば日持ちしますし、自分でつくれば安くいくら丼食べられます。
さぁ、痛風をおそれず食べまくりましょう!
スポンサーサイト
  1. 2011/10/20(木) 11:50:10|
  2. 魚加工品 自作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<釣りに行けないのでまたいくら | ホーム | カマスがいない…>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shiibasama.blog64.fc2.com/tb.php/89-b3a6b186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。